家の中の危険から子供を守るためのリフォーム術

子どものいる家庭必見、安全なリフォーム術

安全に気を遣ったリフォームとは

リビングは、家族にとってのとても大事な場所です。 小さいお子さんがいる家庭では、色々な事に気を遣わなくてはいけません。 寝返りやハイハイをするようになった時、歩き始めた時、生活するリビングが安全な物にしたいですよね。 どういう所に注意して、リビングをリフォームするのか、詳しく調べてご紹介します。

子ども部屋の安全性

子ども部屋はどういったリフォームをすればいいのでしょうか。 子ども部屋は、子どもたちが安全に生活、また安全に遊べる環境を整えたいですよね。 また、収納機能であったり、狭い部屋でも上手に収納や整理整頓が出来るかどうかも、大事な部分になってくると思います。

安全なリビングにするには

結婚し、子どもが出来ると、色々と悩みが増えますよね。
今自分たちが生活している家で、小さい子が生活出来るのか、心配になる方も多いのではないでしょうか。
そういう時に考える事は、リフォームです。

小さい子どもがいる家庭では、安全第一にリフォームをしていく事が大事です。
でも、安全にリフォームをするといっても、どんな所に気を付けたらいいのでしょうか。
ちょっとした事に気を付けるだけで、子どもが安全に生活する事が出来ます。
そういう情報を詳しく調べてまとめました。

まず、生活の中心ともいえるリビングですが、ここは一番安全に気をつけたい部分ですね。
リビングは、まず床から見直してみてはいかがでしょうか。
滑りやすい床だと、子どもが走って転んで怪我をしてしまうかもしれません。
また、怪我が起きたとき、柔らかい床材を使用していると、大きな怪我を防げるかもしれません。

そして、収納などの扉であったり、キッチンへ行く通路に関しては、勝手に開け閉め出来ないように工夫することも大事です。
チャイルドロックがかかる収納であったり、後付けできるロックを取り付けるなどし、手を挟むなどの怪我が無いようにしましょう。
キッチンは、危険なものがたくさんあります。
勝手に入らないように、フェンスやガードを取り付ける事をオススメします。

他にも、階段であったり浴室も、子どもの安全のために配慮すべき点があります。
階段と浴室は、滑らないように滑り止めを設置したり、手すりをつけたりすることが、安全へ繋がります。

事故や怪我を事前に防げるようなリフォームを心がけましょう。

部分的なリフォームにかかる費用

リビングや子ども部屋、浴室、階段などの部分的なリフォームにかかる費用や時間などを詳しくまとめました。 子どもが安全に生活するために、いくらくらいかかるのか、事前に調べておくと見通しがたてられますよね。 皆さんの気になる点を詳しくまとめてご紹介します。

TOPへ戻る